美白というと化粧品を使用しないといけないイメージがありますが、そんなことはありません。 普段の食事を工夫することで、美白になることもできます。 美白に必要なことは、活性酸素の働きを抑えるということです。 そのため、活性酸素の働きを抑制する食べ物を食事メニューに加えることで、美白効果が期待できます。 そして、活性酸素の働きを抑制する食べ物として有名なのがトマトです。 トマトにはリコピンと呼ばれる成分が含まれており、活性酸素の働きを抑制する作用があります。 また、以下のような栄養素も美白に効果的です。 ・ビタミンA ・ビタミンB ・ビタミンC ビタミンAには肌の老化を防ぐのに有効な抗酸化作用がありますし、肌の粘膜を強くする働きもあります。 ビタミンBには皮脂の過剰分泌を抑える作用があり、ニキビ予防にも効果的でしょう。 ビタミンCにはしみを薄くする作用があるので、美白にはもってこいの栄養素だといえます。 美白にこだわるのであれば、リコピンの他に、こういったビタミン類も摂取するようにしてください。